ラミクタールのジェネリックはあるのか

瓶から出た薬

双極性障害の治療やてんかんの治療などに広く用いられているラミクタール。
主成分であるラモトリギンが脳神経の過剰な興奮を抑えてくれるので、ラミクタールは症状の予防薬として使われています。
ただしこのラミクタールは効果が高い反面、薬価も少々高くなります。
てんかんの予防薬として使用する場合は日常的に服用することになりますので、薬価の高さは金銭的な負担として重くのしかかってしまいます。

そこで薬の購入による金銭的な負担を減らしたいのであれば、ジェネリック医薬品の利用を検討しましょう。
ジェネリック医薬品は特許期限を過ぎた製法で作られる廉価な医薬品のことです。
国としても高騰する医療費を少しでも抑えるべくこのジェネリック医薬品の利用を後押ししており、近年多くの製薬会社がさまざまなジェネリック医薬品を販売しています。
ラミクタールに関してもいくつかのジェネリック医薬品が登場しており、それらを利用すれば治療にかかる費用負担をかなり減少させることができます。

ラミクタールのジェネリック医薬品を利用したい場合は、かかりつけの医師にジェネリック医薬品を利用したい旨を告げるといいでしょう。
また最近はインターネット上でも医薬品を購入することができるので、ラミクタールのジェネリック医薬品に関しても比較的簡単に購入することができます。

ただし全ての薬には副作用があり、体質によっては思わぬ事態を招く可能性もあります。
また薬の通販サイトの中には悪質な業者も存在していますので、安易な考えで利用するのは禁物です。
基本的には薬は医師の診断を経て手に入れるものですが、どうしても自分で購入するのであれば、きちんと取扱説明書に目を通したうえで信頼できるところから購入するようにしましょう。