内側側頭葉てんかんに効くラミクタールは副作用に注意

内側側頭葉てんかんはてんかんの一つとして知られるものであり、その発作の特徴から複雑部分発作と生じる疾患として知られています。
てんかんはけいれんや意識障害を特徴とすることが一般的ですが、その中でも特徴的な行動パターンをするのが複雑部分発作です。
けいれんを起こすという固定観念を持っているとてんかんであるという印象を受けないのが内側側頭葉てんかんであり、その行動パターンは自動症と言われます。
意識は完全になくなっていることが多いものの、何か奇っ怪な動きをしていることが多く、その行動が繰り返しのパターンを示すことが特徴的エス。

口をペチャペチャとさせたり、はい、はいといった意味のない言葉を繰り返したり、反復的な行動をとったりするというのがよく見られます。
こういった症状に対して有効性のある抗てんかん薬は古くからいくつかが知られていますが、テグレトールを単剤で用いるということが一般的でした。
しかし、ラミクタールが市場に登場したことによってその立場をとって変わる様相があります。
ラミクタールは全身発作でも部分発作でも有効性が高いことが示されている比較的新しい抗てんかん薬であり、誤診によって誤った治療薬を処方してしまうリスクも少ないことから使用頻度が高まってきています。
その有効性も高いことからラミクタールを使う傾向が強まっているのが現状です。

しかし、用法と用量には十分に注意しなければなりません。
ラミクタールには用法や用量を誤って使用したり、医師の指示に従わずに使用したことによって死亡事故も報告されています。
中枢神経系にかかわる治療薬だからこそ正しく使わなければ命のリスクも伴うということをよく理解して使用することが大切です。