双極性障害は喫煙者に多い?

ラミクタールは抗てんかん薬と、双極性障害の再発予防としての気分安定薬としての適応があります。
てんかんは、大脳の中の信号が異常発火する病気で、抗てんかん薬として、さまざまな種類の薬剤が開発、発売されています。
ラミクタールは新規の抗てんかん薬に分類されており、今までの抗てんかん薬では効果がなかった人への、発作予防効果が期待されています。

また、ラミクタールは、双極性障害の気分エピソードの再発抑制への適応もあります。
双極性障害は、以前は躁うつ病といわれていた病気で、気分のいい時と、悪い時を繰り返す病気です。
双極性障害の患者は、薬物依存傾向にあることが多く、たばこを吸う人が、健常者よりも多いという話もあります。

ラミクタールのほかにも、抗てんかん薬の中には、気分安定薬として使用されている薬剤があります。
気分安定薬の中でも、ラミクタールは新規に適応が追加された薬剤なので、今までに、気分の安定が難しかった人に対して、効果が出ることが期待できます。

ラミクタールの重大な副作用として、薬疹があげられます。
死亡例や、重症例が出たことから、発売メーカー、厚生労働省、関係学会などから注意喚起がなされています。
そこで言われているのは、投与スケジュールをきちんと順守することです。

特に、投与初期に増量する場合に、きめられた用量以上に投与すると、副作用の発現頻度や、重症度が高くなるといわれています。
併用薬剤との関係もあり、複雑ですので、経験のある、専門医に受診して、投与してもらうのが安全だと思います。

てんかんの病気でも、双極性障害の病気でも、副作用が発現することがありますので、特に、投与初期にはきちんとした観察が必要です。