躁うつ気質ならラミクタールによる手当は不要

ラミクタールは近年承認された精神疾患に用いる治療薬であり、適応として躁うつ病やてんかんがあります。
現代には躁うつ病に悩まされる人が増えてきており、その新しい治療薬として有効性の高さから注目を浴びています。
その作用メカニズムとして知られているのがナトリウムチャネルの阻害です。

神経系の活動においてはナトリウムチャネルの活動度の高さが不可欠です。
その機能を抑制することによって神経系の活動を落ち着かせることができるというのたラミクタールの効果です。
精神的な安定を得ることができるため、活動度が大きく上昇してしまっている躁から改善を起こしたり、全体的に活動度が低下してしまっているうつからその状態にしてしまっている神経活動の抑制を通じて改善をしたりすることができるのが特徴です。

躁うつ病になるとラミクタールなどの治療薬による手当が必要になりますが、それはそうしない限りは生活をしていくことが難しい状況になってしまうからです。
躁うつというものにも種類があることは理解しておく必要があるでしょう。
躁うつ気質の人もいますが、それは手当が必要なレベルではありません。
日常的に気分が高揚している状態と落ち込んでいる状態との浮き沈みが激しいだけのことであり、それを本人がストレスに感じていない限りは手当が必要にはならないのです。

しかし、躁うつ気質の人がだんだんとその状態が深刻化してしまい、自分で制御がきかなくなってきてしまうと躁うつ病になって手当が必要な状態になります。
躁うつ気質であるということはリスクファクターではあるということは理解しておくに越したことはありません。
その時点ではラミクタールを飲む必要はないという理解もまた大切です。